雑記

Fire TV Stickの延長保証は絶対に必要ない!その理由とは?

アマゾンでFire TV Stickを買おうと思っているんだけど、延長保証って加入した方がいいの?

 

この疑問を解決します!

 

この記事の内容

AmazonでFire TV Stickを購入する際に、延長保証を付けるかどうか悩む方が多いようです。答えは、延長保証の必要なし

手続きが面倒、中古が届く、そもそも予防したら良いなど、延長保証に加入しないで良い理由を説明しています。

 

Fire TV Stickの延長保証とは?

 

アマゾンのファイヤースティックを購入する際に、無料の1年間保証を2年間もしくは3年間に延長するプランのことです。
※「2年間」「3年間」は、無料の1年間を含んでいます
※2021年1月11日現在の情報に基づいています。

 

ぶっちゃけ、加入する必要はありません。理由は4つあります。

  1. 修理手続きが面倒
  2. 中古品が届く
  3. リモコンの故障は予防可能
  4. そもそも1年間の保証付

 

順番に説明していきます。

①修理手続きが面倒

保証会社は「テックマークジャパン株式会社」です。アマゾン自体が保証してくれる訳ではありません。

 

カスタマーサービスは24時間年中無休で受付可能となっていますが、電話が繋がりにくく、繋がっても「Amazonに言ってください。」とたらい回しにされることもあります。

 

すぐに交換までたどり着けないので「もういいや」と諦める人もいるようです。

②中古品が届く

保証対象の故障と判断された場合、本体の代替品をお送りいたします。

Amazon延長保証プランより引用)

 

新品と交換してくれると思いきや、中古品が送られてきます。

③リモコン(ファイヤースティック)の故障は予防できる

リモコンは保証対象外です。

 

リモコンは故障したら、リモコンだけを購入する必要があります。

リモコンのみ販売もしている

子どもが3人いる我が家の場合、一番よくある故障がリモコンの故障です。

 

リモコンをポイポイ投げたり、落としたり、大人ではありえないようなことをします。

 

もう(夫)
もう(夫)
リモコンを振ると「カラカラ」と音が鳴っています(笑)でも、使用できています。 

 

リモコンは保証対象外ですが、壊れたら2,980円かかるので、シリコンカバーをしておくのがオススメです。

 

オススメのシリコンカバーについては以下の記事で紹介しています。

https://marumoucari.com/2021/01/04/fire-tv-stick-cover/

④そもそも1年間の保証付

Fire TV Stickの保証は、無料で1年間分付いています。

 

故障したら、新しいFire TV Stickを購入する方が、交換で中古品を入手するよりも絶対にお得です。

 

アマゾンのデバイスは、セールになるとむちゃくちゃ安くなるので、予備で1台購入しておくのがベストです。

https://marumoucari.com/2020/12/18/amazon-tablet-sale/

まとめ:無料で1年間保証付きだから延長保証は必要なし

まとめ

延長保証は付けずに、壊れたら新しいFire TV Stickを買う!

延長保証は、無料で1年間付いています。普通に使用していれば、1年間は壊れません。

 

2年目に万が一壊れても、セール中に購入した予備のFire TV Stickを使用すればいいのです。(もしくは購入)

 

延長保証といっても、代替品として中古のFire TV Stickが届くだけです。(どうせなら新しいの欲しい!)

 

どっちかというと、リモコンの方がよく壊れます。

 

子どもがいる家庭は、リモコンが故障しないように気を付けた方が、かえって得になるかもしれません。

 

まる(妻)
まる(妻)
リモコン2,980円、延長保証980円だからね。

 

何となくで延長保証を付けていた人も、次回からは付けないことも考えるようにしてみてください。

 

今回は以上となります。