雑記

ふるさと納税の限度額を知りたい!限度額の算出式を作ってみた!

このページをご覧になられている方は、「どれくらい、ふるさと納税してもいいのか、金額がわからないから知りたい。」と思っている方だと思います。

ふるさと納税を行った場合、所得税と住民税それぞれで税額の控除措置を受けることができます。

そのうち、住民税での税額控除については控除限度額があり、控除限度額を超えない範囲であれば、所得税と住民税の税額控除額の合計が寄附額(自己負担分2,000円を除く)と等しくなるように設計されています。

つまり、限度額の範囲内のふるさと納税なら、自己負担が実質2,000円になり、自治体からの返礼品などを受けることができるということです。

その限度額をどうやって調べる(計算する)か、説明していきます。

「ふるさと納税」限度額計算式

ふるさと納税の限度額計算式は以下のようになります。

①寄附限度額=(②住民税所得割額×③限度額比率)+2,000円

この式に当てはめるだけで、どれだけふるさと納税してもいいのか、限度額がわかります。

②と③についての解説をしていきますので、あてはまる数字を上の式に入れて計算すればOKです。

「②住民税所得割額」って何の金額?どこを見ればいいの?

住民税所得割額については、会社勤めの場合、年に1度会社からもらえる「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書」や、自営業やフリーランスの方には「市民税・県民税税額決定 納税通知書」、その他「所得証明書」に記載されています。

会社員の方(画像元:埼玉県所沢市)
フリーランスの方(画像元:埼玉県所沢市)

(参考:埼玉県所沢市「市民税所得割額の確認方法」)

「③限度額比率」って何?

限度額比率は、所得税率が何%なのかに応じて算出した率です。(限度額比率の算出式については、後述しますので、興味のある方だけ見てください)

表の左が所得税率(%)、右が限度額比率(%)となります。

5% 23.558%
10% 25.065%
15% 26.779%
20% 28.743%
23% 30.067%
30% 33.687%
33% 35.519%
40% 40.683%
45% 45.397%

自身の所得税率は以下の表(画像)を参照してください。

所得税率の早見表(画像元:国税庁)

番外編:限度額比率の算出式

ふるさと納税の特例控除額については、上限額が住民税所得割額の20%と決められています。

ということは、住民税所得割額の20%となる寄附限度額を求めることになるので

【住民税所得割額】×0.2=(【寄附限度額】-2,000)×{0.9-(【所得税率】×1.021)}

の式になります。これを並び替えると

【寄附限度額】-2,000=(【住民税所得割額】×0.2)÷{0.9-(【所得税率】×1.021)}

更に並び替えると

【寄附限度額】=【住民税所得割額】÷[{0.9-(【所得税率】×1.021)}×5]+2,000

となります。このうち

1÷[{0.9-(【所得税率】×1.021)}×5]

の部分に所得税率を代入して計算したのが、上記の寄付金限度額比率となります。

まとめ:2点準備するだけで、限度額がわかる!!

ご自身の限度額を知りたいということなら、2点準備しましょう。

  • 住民税所得割額がわかる書類
  • 自身の所得税率

これを準備して、公式に当てはめるだけです。簡単です。

公式のおさらい

①寄附限度額=(②住民税所得割額×③限度額比率)+2,000円

※限度額については、ふるさと納税のサイトや、市区町村のホームページにも記載されていると思うので、そちらも確認してください。

 

今回は以上となります。